趣味の水彩画④

世界の巨匠も描いた家族の絵。私の場合は孫をよく描き、展覧会にも出しました。
孫の日常光景からです。成長すると嫌がるので児童までがチャンスでした。

『何だこれ?!』 F50
2019新潟県美術展覧会
『夢中』 F6 日常スケッチ作
『キックオフ』 F30
2019新潟市美術展
『学習』 F6 日常スケッチ作
『成長』 F6 日常スケッチ作
『マラソンスタート前』 F30
2019アークベル県民アマチュア絵画展

趣味の水彩画③

日本の四季の魅力に想いをこめて命名したGARDEN四季。季節の移ろいを追って店の季節・情景も描きました。

春:新緑と鮮やかな花々に囲まれたエントランス

『ジャクモンティ(白樺)』 F30
2017新潟市美術展

夏:天高い青空、暑い最中に花があるテラス

『サルスベリとムクゲ』 F50
2017新潟県美術展覧会

秋:収穫期を思わす実と紅葉の光景

『スモークツリーとガマズミ』 F50
2017新潟光風会公募展

夏・秋は初めて50号に挑戦し、新潟光風会公募展作品は初めて奨励賞として入賞させて戴きました。
いずれもGARDEN四季の水彩画です。毎年繰り返しながらも微妙に変化、生長する樹を水彩画に取り入れるのも楽しみです。

趣味の水彩画②

二つの展覧会入選を経て、新潟ではアマチュアの最高峰と言われる『新潟県美術展覧会』に挑戦し、2016年初応募・初入選することができました。

『園路』 F30 2016年新潟県美術展覧会

2007年に創業したGARDEN四季の木々も活着・生長し、緑陰になった園路を描きました。店内で私の一番好きな光景です。
県展の応募規定は50号まで、更に大きなサイズです。どの展覧会もそうですが応募は、最大サイズ・油絵が圧倒的でまるで勝負の世界みたいです。
私は50号(1167×90)までは経験も自信もなくF30号での応募です。まだまだ稚拙な作品ですが入選し、今までの展覧会入選で一番嬉しかったです。
と同時に自分の店には絵になる場所・季節が沢山ある事に気づき、以降場内をテーマにいろいろ描き始めました。まるでモネが自宅の庭『睡蓮シリーズ』を残した真似事です。エクステリア事業創業やサラリーマンとして住宅産業についた底流には、そんな自分の美意識があった?と今では勝手に解釈しています。
水彩画を通じエクステリアが快適な暮らしに繋がる事をお客様と共有できたら!と思ってます。

趣味の水彩画①

65歳から始めた趣味の水彩画、アマチュアギャラリーをご覧になって下さい。

『運動靴』 F6

高校・大学時代は、大した活動をしたわけでもありませんが、一応絵画部・美術研究会に所属し油絵なんかも描いていました。
しかし、社会人になってからは、一枚も絵を描くことなく定年まで猛烈に仕事?
そしてGARDEN四季を創業しました。
5年ほど経ち、不思議にも昔を懐かしむようになり、40年余り空きましたが『手軽な水彩画なら始められる!』と新潟日報のカルチャースクール『初めての水彩画』講座に通い始め、スケッチブックに身近なものを描写する習慣がスタートしました。

『野菜』 F6

作品も溜まり、公募展に応募して皆様に作品を見て頂きたくなり、2014年アークベル主催の『県民アマチュア絵画展』に応募しましたが見事落選しました。
展覧会作品は30号でスケッチブックとは違い思うように描けません。入選作を見るとやはり構図や色彩・描写力などレベルの違いを痛感し、勉強になりました。
その後公募の新潟市美術展に20号で応募、ようやく入選することができました。
『次は30号の作品で応募してみたい』と市展に連続入選しました。

『街路樹』 F30  2015新潟市美術展

落選した県民アマチュア絵画展も翌年は入選する事ができ、30号を描くようになり、対象も人物画などと広がりました。

『運動会』 F30 2016アークベル県民アマチュア絵画展

普段は一般的なF型6号(410×318サイズ)のスケッチブックで描いておりますが、展覧会は両展とも最大30号(910×727)までの応募規定になっており、殆どの方が最大サイズで応募しております。久しぶりにトライした水彩ですが、やたら大きく感じ普段の10倍の時間を要しました。

素敵な空間を演出するアルファウォール

GARDEN四季のおすすめする境界などの目隠し「アルファウォール」。
価格がリーズナブルな樹脂フェンスとおしゃれなアクセント壁でデザインします。


アルファウォールは樹脂フェンス「アルファウッド」の支柱に取り付けて建てる壁で、
レンガや石の質感をFRP(強化繊維プラスチック)で立体的に表現しています。

目隠しと言えば横板フェンスを選択する事が多いですが、アルファウォールと組み合わせてデザインする事でお庭や玄関周りのアクセントになりおしゃれな空間を演出します。
実際のレンガや石よりもリーズナブルに施工する事が可能で、特に視線が気になる部分の目隠しにもおすすめ!

【 テクスチャー 】
◎ レンガ積みをイメージしたブリックタイプ
◎ 石の小端積みをイメージしたストーンタイプ
【 カラー 】
◎ スノーグレー
◎ ボルドー
◎ バニラホワイト
◎ アイボリーブラックからお選びいただけます。

目隠しをお考えの方は是非GARDEN四季までお問合せください。

エクステリアをデザインするスタッフ募集中

【 募集は終了致しました 】

GARDEN四季では増員に伴い正社員募集中です。私たちと一緒にすてきなエクステリアを造る仕事をしませんか。

主に住宅(他商業施設・医院)のエクステリア・ガーデンの営業、設計、施工管理の仕事です。
お客様からご要望をお伺いし、現場調査、提案設計、契約、工事の段取り、施工管理、アフターフォローまで1人が一貫して担当致します。
弊社はエクステリア・ガーデンの展示場にしておりますので、その維持管理業務も社員全員で行います。
他に大手ハウスメーカーのエクステリアの設計支援業務もさせていただいております。
向上心を持って自己のスキルアップに努める方、関連公的資格の取得に意欲的な方はもちろん、エクステリアや植栽にかかわる仕事に携わったことがある方、未経験の方でも住まいのエクステリア環境に興味がある方、庭造りや植物が好きな方を歓迎致します。

『エクステリア専門店の仕事とは?』
エクステリアは建設業の分野ですが、従来はブロック、レンガ、コンクリート等の左官工事業やフェンス等のアルミ製品業、植栽の造園業等に分かれ、建設業での下請け的存在が中心でした。2000年代に入り、前述の業種に加え、照明・給排水設備等の工事やガーデンアイテム(ファニチャー等)を含めたトータルな提案が求められるようになりました。
近年、住まいの外回りのデザインを設計提案する専門店が全国的に増えた新しい産業です。
エクステリア専門店の仕事をわかりやすくした仕事紹介動画を下記よりご覧下さい。


求人の詳細は弊社までお問合せ下さい。

住まいの環境設計 GARDEN四季
950-2028新潟市西区小新南1丁目20-9
TEL:025-265-0808
定休日:毎週水曜日(1・2月は火曜水曜日定休)
営業時間:10:00~18:00
担当:石川綾乃
▼【ガーデン&エクステリア 希望の芽in夢メッセ】エクステリア 仕事紹介動画

自然石の魅力

石の土留め、塀、延段など昔から石材は外周りに多く使われています。

年月の経過とともに古さなりの味わいが出るのも石の魅力です。

近年のエクステリアでも和洋様々な種類の石でアプローチやテラス、飛び石、石張りの壁や石籠フェンス、土留めとしての石積み、ロックガーデンなどの石の据え付け、樹木周りの石敷きなど人気があります。

今回は石を使ったエクステリアをご紹介します。

●自然石ならではの色合いや凹凸のあるの石壁

●乱形石石張りの園路

●正方形・長方形の敷材テラス、アプローチ周り

●山砕石石敷き

●メッシュフレームに石材を入れた石籠フェンス

●植栽周りの石敷き

経年変化によって馴染んでいく石材を、アプローチやテラスまわりに取り入れてみてはいかがでしょうか。

アウトドアリビング

お庭で快適に過ごすアウトドアリビングの新商品をご紹介します。

「アウトドアフレーム」

シンプルなデザインのアウトドアフレームはデッキや庭の一角をフレームで区切り、くつろげるプライベート空間を作りだします。

日差しを遮るタープやナイトシーンを彩る照明など多彩なアイテムを取付ける事でリゾートのような空間演出が可能です。

タープ



ラクシェード

「ひとと木キュアーズ」

自然の木の質感や色合いを再現しつつ、耐候性・耐久性に優れメンテナンスが容易なデッキです。
従来のデッキひとと木2は、床板の側面を幕板で覆っていますが「ひとと木キュアーズ」は床板を小口キャップでふさぎ、板一枚一枚のシルエットを際立てます。

フェンスや雨除けの屋根、日除けと組み合わせることで更に居心地の良い庭空間を演出することができます。
お庭でおうち時間を快適に過ごしてみませんか。

5月31日まで、三協アルミ わくわくご購入キャンペーンも開催中です。

ディーズパティオ ルポ

お洒落な庭空間をつくるデザインウォール「ディーズパティオ ルポ」をご紹介します。
パティオシリーズに新たにフレンチシックなテイストの「ルポ」が加わりました。
GARDEN四季展示場に展示している「ディーズパティオ」の新しい商品です。

● ルポの特徴 ●
フレンチスタイル
なめらかで上品な手塗りの壁に、笠木を組み合わせたフレンチシックなイメージのデザインウォールです。

軽くて安全な素材
EPS(発泡樹脂)に塗り仕上げを施した完成品の壁です。軽量素材ですので地震による転倒での重大な事故の心配もなく、1.8メートルの高さでもコンクリートブロック壁のような控え壁は必要ありません。

防汚コート済み
予め工場で防汚コートそ施しており、カビや雨だれによる汚れを緩和します。

豊富なオプション
ポストや表札、照明など多くのアイテムを取付けることができます。

シンプルな塗壁に様々なアイテムを取付けできるRepos A、アンティークガラス入りのRepos B、ニッチに飾って楽しめるRepos Cの3パターン。



笠木は瓦A、ウッドAからお選びいただけます。

ディーズパティオ ルポはお庭の目隠しやワンポイントとしておしゃれな空間を演出してくれます。

カタログもご用意しております。
詳しくはお問合せください。 TEL025-265-0808