趣味の水彩画⑪

お客様から「北海道には宿根草を中心にした広大な花畑ガーデンがいくつもある!」と聞き、新潟から日本海の船旅・バス旅で出かけました。
旭川から富良野・帯広・十勝にかけての9ヶ所からなる北海道ガーデン街道です。
アパレルの仕事に就いていた女性が地下鉄の海外研修プログラム広告で知り、イギリス留学経験で地元旭川に帰って始めた上野ファーム。数年後富良野プリンスホテルのゴルフ場をTVドラマ『風のガーデン』の舞台として庭づくりに参画。ドラマのヒットと共にガーデニングブーム。
また、帯広では、60歳前にご主人をなくし長女に励まされ5年後に花畑づくりを始め2021年94歳で亡くなるまで紫竹ガーデンを育て続けた紫竹昭世さんの花畑では、スタッフの手入れしている光景に惹かれ水彩画にしました。
1年でわずか6カ月もあるかないかの厳しい地の見事な草花は本州で現在人気の雑木を中心とした武蔵野風情の庭とは違った魅力がありました。

花畑を育てる人(帯広市紫竹ガーデン)2021 新潟市美術展覧会

趣味の水彩画⑩

少年時代、旅行なんて滅多にできなかった思い出の地を今旅し、絵にしました。
小学生時代、「避暑地として古くから外国人が滞在した」と聞いた野尻湖、そして隣接の高級リゾートホテルの赤倉観光ホテルは、今でもホテル敷地内に滞在するだけでも充分癒される美しい景色を眺望できる施設でした。

水盤テラス(赤倉観光ホテル) F6

高校時代に日本の民間初の美術館、倉敷の大原美術館を修学旅行で訪れ、ヨーロッパの巨匠と言われる画家の絵を初めて目にし、岡山の後楽園は初めて見る大きな公園でした。
江戸時代にできた金沢の兼六園、水戸の偕楽園と共に日本三大公園の一つと聞いた光景はサラリーマンを経て還暦で創業した今、改めて仕事・趣味に通じる体験だったと感じています。

秋の後楽園1(岡山市) F6
秋の後楽園2(岡山市) F6

趣味の水彩画⑨

GARDEN四季には、樹木の他宿根草を中心に季節の草花も沢山あります。
毎年季節になると必ず咲いてくれる宿根草を見ると、つい描きたくなった作品です。

バラとギボウシや草花 F8
アガパンサスとスタンドウォッシュ F6
鉢植えのクレマチス F6
バラのフラワーアレンジメント F6